郝仁編『ストする中国』彩流社、2018年

 郝仁(ハオレン)編『ストする中国』彩流社、2018年。2010年以降頻出する中国工場におけるストライキの主体にインタビューし、その内容を記録したもの。賃下げ、労働条件引き上げ、2つのパタンに整理している。

 最低賃金の引き上げに対し、福利厚生を引き下げる。物価上昇に対して、賃上げが少ない。食堂のご飯がまずい、虫が入っている。カップラーメンのお湯代金を天引きするのは、やめてほしい。労働者の不満は、例えばこのようなもの。

 ストライキの主体になるのは、職場で信頼があり、技能も相対的に高い労働者。そもそも農民工など地方出身者に労働者としての権利はほとんどない。だからこそ、ストライキという手段に訴える。東莞(ドンガン)や香港などで起こっている事実が生々しく語られる。

 明治大学の石井知章教授の解説。2000年代以降のストライキは、国営企業のリストラへの対抗など、官製主導の労働組合とは異なる。工会加盟の正規労働者以外の、農民工なの反発。上からではなく、下から持ち上がったことが特徴。石井氏は新たなストライキの動向を、中国における個別的労使関係から、集団的労使関係への変化と捉えている。あるいは、中国労使関係の市場化とも呼んでいる。

 本書を読むと、正規労働者と非正規労働者の利害関係の違い、それに対する労働組合の役割などは、日本の雇用形態格差と似ている側面があることがわかる。ただし、中国の場合は、官製労働組合以外は法的に認められていない。農民工の利害が反映される、そのような場所として、労働組合のうねりができるのか、重要な課題である。

 企業内の交渉主体として認める。労働条件引き上げの対象として、対等のパートナーとみる。日系企業も含めた外資経営者が、農民工をそのように認識しなければ、高い離職率は変わらないのではないか。そのように感じた。

ストする中国;非正規労働者の闘いと証言

ストする中国;非正規労働者の闘いと証言

 

 

古田敦也のプロ野球ベストゲーム「盟主を射止めた情報戦 1987年西武対巨人」(2019年2月1日再放送)

 再放送。たまたまBSで放送中のものをみる。駒田、中畑、クロマティなど強打の巨人。チーム打率も、防御率もリーグ1位。下馬評では、巨人有利。これに西武はどう対応するのか。

 西武は負けた一戦目で、ジャイアンツの癖を掴む。早い段階で攻める駒田には、最初から勝負玉。ペースをつかませない。一戦目打率八割の駒田は、以後、低迷する。東尾は一戦目の課題を反省会で伝える。

 二回目の登板で、中畑には得意の内角は投げない。外角攻めで封印する。中畑、駒田が抑えられることで、巨人のつながりは分断される。

 機動力野球のライオンズ。伊原コーチは巨人の癖を掴む。走る野球に活かす。徹底したバンド戦略。すべての選手がランニングとバンド練習。日本シリーズでは、ランナーが一塁に進出すると、必ずバンド。手堅くセカンドおくる。

 伊原の分析。クロマティの山なり返球にチャンスをみる。二塁にランナー清原。タッチアップで生還。偶然ではなく、計算。清原の走塁ミスもあり、巨人に戦略気づかれず。

 一塁ランナー辻。秋山がセンター前ヒット。クロマティわずかにもたつく。中継に入ったショート川相はバッターの秋山をみている。バッターランナーのセカンド進塁を警戒する。三塁コーチの伊原は、クロマティのもたつき、河相の視線をみた瞬間に、辻にホームランニングを指示する。あわてて川相は、ホーム送球するが、間に合わず。わずが0.9秒のすきを見逃さない。

 こうして2年連続日本一に輝く西武。ランニングの重要性。打たれて負けたのではなく、すきで負ける。あんなことはこれまで起こらなかった。プロ野球の歴史をかえた一戦。これらは解説の古田氏の言葉。

 黄金時代のライオンズ。自分が好きだったころのライオンズ。秋山、清原など名選手もいるが、森監督のやり方が好きだった。巨人の選手も水野、槇原、吉村、など懐かしい選手ばかり。面白い番組だった。

www2.nhk.or.jp

 

www.dailymotion.com

藤島大『北風』集英社文庫、2018年。

 藤島大『北風』集英社文庫、2018年。地方公立高校出身の主人公が、早稲田のラグビー部に入ってからの日常生活を描く小説。あくまで小説ではあるけれども、早稲田ラグビー部の関係者の描写にリアリティがある。外部の人間にとっては、きっとこんな感じなんだろうな。想像にすぎないが、それが面白い。時代設定としては、90年第後半前後の早稲田ラグビー部。あるいは、もう少し前かもしれない。生き生きした描写に引き込まれる。

 

 

ハーヴェイの中国経済分析

 ハーヴェイの新自由主義、中国の章を読んだ。あらためて読むと、沿岸部の発展、鄧小平の南巡講話、資産バブルの発生など時系列によく整理されている。支配政党(中国共産党)とローカル権力者が癒着するというのも米国と同じと捉えている。10年以上前の分析だが、さすがという印象をもった。

 

新自由主義―その歴史的展開と現在

新自由主義―その歴史的展開と現在

 

 

大教室における受講者同士の議論

 講義。リアクションペーパーを配る。集約して新たな論点や掘り下げるべき点を解説する。関連する映像をみて、コメントを書いてもらう。このやり方は受講者の感想がわかっておもしろいという意見がある一方、情報のやりとりは、個々の受講者と教員のあいだに止まっている。

 講義をきく。課題を考える。大教室であっても受講者同士の議論の時間があってもよい。そのクッションをはさむことで、発言すること、情報を自分のこととして受け止めること。それが可能になる気がする。

中村文則さん原作:映画『銃』

 中村文則さんの原作『銃』を映画でみた。ピストルを拾った大学生が、凶器を手にしたことで強気になる。気持ちがのっていく。ピストルを使ってみたいと考える。その心理の変化を描く映画。公園で猫が人為的に殺されたことをきっかけに、刑事が訪ねてくる。刑事の推測をもとに、犯人である、やがては、猫ではなく、人間をうちたくなる、と指摘される。人間をピストルでうつと、理性が狂う。そうした刑事の指摘を受けながら、悶々としつつ、着実に人間をうつ準備を進める。そんなお話。

 中村文則さんのべつの小説を読んだことがある。刑務所で働く青年の屈折した感じ。青年の将来不安や性への目覚め。そのあたりの描写がうまいと感じていた。今回の映画も、そのような青年の屈折した感覚をよく描いているように思う。

映画『銃』公式サイト

銃 (河出文庫)

銃 (河出文庫)

 

 

在留資格・介護

 在留資格、介護。EPA技能実習とは別に、2017年度に創設された新たな在留資格。留学生として来日し、介護福祉養成施設で2年以上就労、社会福祉士の資格をえたあと介護福祉士として働く。その際に在留資格が、留学から介護に変わる。このような仕組みがあることを知らなかった。

 日本で留学生として学び、アルバイト経験をつみながら、一定の職種に入職する。当然、技能実習生とは違うので、職場選択の自由はある。縫製産業でも、専門学校の留学生をインターンシップとして受け入れ、その後実際に働いてもらう。そうした事例はある。割と可能性のある制度設計なのではないか。

平成28年入管法改正について

www.immi-moj.go.jp