2014年4〜5月の記録

ようやく時間が取れたので、日々の活動の整理のために。あんまり研究できていない現実がよくわかる。どこかで軌道修正をはからなければ…。

4月の記録

  • 4/4 大学院後輩のSBT氏家族が高崎に来る。我が家4名+3名(うち3歳未満3名)でお好み焼きの食事。わいわいがやがや楽しむも、子供が小さいとやや慌ただしい。駅前で2人で2次会(海鮮市場からっ風)。3月の教職員送別会の2次会でいれたボトルキープの日本酒をいただく(後日、その時の幹事の先生には報告済み)。楽しかった。
  • 4/9 午前中年休。娘1号の幼稚園入学式に参加。同僚のO先生もご家族でいらっしゃる。娘1号がうまくやれるか、不安と期待が混じる。
  • 4/10 授業開始。142教室に溢れる受講生。後日教室変更。演習もスタート。
  • 4/11 授業2日目。111教室に慣れず戸惑う。
  • 4/16 2014年度第1回目の教授会。その後、高崎ビューホテルで教職員歓迎会。幹事を務める。2次会+αまで行く。
  • 4/25 学内競争的資金応募締め切り。千葉移動。
  • 4/30 前日、単身で高崎へ。5月3日まで独身生活。午前中DK読書会。午後、FD・SD講習会と学科会議。学科会議は新しい人事関係。原稿間に合わないので謝罪のメール。

5月の記録

  • 5/2 2年生ゼミ質問あり。研究室訪問。
  • 5/3 ミニ原稿2本を提出。ハイボール片手に作業をした成果。4月末締め切りの仕事は、結局GWにやる羽目になる。授業準備もあったりする。連休は意味がない。むしろつらい。独身生活今日まで。
  • 5/4 稲毛にて昼食をびっくりドンキー。午後、津田沼。説明会参加。
  • 5/5 妻、友人と会うため、子供2人とファンタジーキッズリゾートにいくも長蛇の列。心底凹む。そして、車のキーを忘れるという失態。妻はキーを持っていたが、自分は持っていないまま運転。キーレスの様式なので、鍵がなくても運転できてしまうという怪奇現象。ただし、エンジンを切れば運転できない…。しょうがないので、回転ずし(魚べい)に子供2人と行き、タクシーを手配して一度妻実家に戻り、再度、タクシーで現地へ。気をつけよう…。
  • 5/6 法政大学市ヶ谷で研究会。10時から午後まで、2015年度に発行する予定の大原叢書の内容の検討。自分は作業が全然進まず、問題意識のところの時事問題の整理のみ。ひと段落してテーマ自体が変わってきただけに、どこかで草稿を書きあげないといけない。やばいなあ。
  • 5/7 午前中、学内競争的研究費不採用の通知。軽く凹む。後日、学長など執行部に確認をしたところ、科研費の不採用の場合の順位が影響しているとのこと。そうか。知らなかったよ。午後、教職関係の会議。教育実習の訪問指導先の決定。地元の公立中学校に行くことに。
  • 5/8 ゼミ報告書の1次締め切り。1人2000円程度徴収。
  • 5/9 DK読書会、16−18時を予定するも翌週に(参加学生の都合?)。ゼミの募集要項を事務局に送付。
  • 5/14 午後教授会と人事委員会。夜はゼミナール協議会主催のゼミガイダンス。結構な人が訪問したとのこと。
  • 5/16 流れたDK読書会。夜、高崎駅前(たしか「だんまや水産」というお店)にて中央大学のY先生と会合。JSA関係で関係者と顔合わせ。5/25の全国大会に参加することに。
  • 5/17 夜千葉へ。
  • 5/18 午前中、津田沼へ。
  • 5/21 午前中、付属研究所の会議、入試関係の会議、昼休み教員によるゼミ説明会。あいにくの雨のためか参加が少ない気がした。
  • 5/22 午後のゼミを、はじめてオープンゼミ形式に。5〜6名の2年生が参加。『日本的生産システムと企業社会』の輪読を始めたところで、新しく報告グループだけではなく論点グループも作った。新しい形式のためか、緊張をしていたためか議論が深まらず。新2年生には難解な印象を与えた模様。来年度のオープンゼミは、やり慣れたいつも通りの形式がいいかも。
  • 5/23 4月に新しく赴任された先生と、同僚の先生と3名で食事。シャクナゲランチ。烏川を3人で散歩した後、この日締め切りの学内研究奨励費書類を提出。
  • 5/25 JSA全国大会に参加。朝8時に出て9時過ぎにはお茶の水の日大につく。数年ぶりにお会いする方など。大会でSBT氏にも遭遇。帰り際に、東京駅の立ち飲み屋(はせがわ酒店というらしい)で2杯ほどビール飲む。子育ての苦労話、愚痴など。合同ゼミもやる方向で検討。
  • 5/27 3〜4限目に研究室でゼミ説明会。20名ほどが参加する。
  • 5/28 午前中、DK学習会。
  • 5/29 昼休みゼミ相談1名、3限の授業のレポート提出締切日。ゼミは2月の生活保護学習会で知り合いになった、群馬県内の弁護士を招いてワークルール学習会。YSN弁護士も来られる。生協で反省会をした後、ゼミ生有志で懇親会(連雀町どんぐり)。懇親会から参加したKDR弁護士とともに、2次会(Bistroソーレマン)まで盛り上がる。次の日、経営学史の中間課題を控える学生もいたが(自分は当然監督する立場)、ワインを飲みすぎる。ブラッシュアップして、ぜひ来年もお願をしたい。
  • 5/30 経営学史の中間課題。割とへろへろだったが、なんとか終了。昼休みにゼミグループの添削。オープンゼミの時の反省を生かして、2ゼミ後半で実施していた事前添削をきっちりする方式に。夜、千葉に移動。
  • 5/31 午前中、稲毛で説明会。午後からSSSP@中央大学、1日目。共通論題は、福祉国家の社会思想。ポランニーやエスピンアンデルセンなど。マルクスがないのはちょっと微妙。会員総会で、珍しく教授会自治に関する反対署名のチラシが配られる。署名。懇親会で親交温め、2次会は立川のワインバー(タチカワバル)へ。若手、ベテラン入り乱れての飲み会となる。高幡不動に移動し、3次会(花の舞)で翌日朝一で報告予定の知人とさしのみ(誘ってごめんなさい)。高幡不動のホテルに泊まる。